採用情報

新入社員研修

入社してから社会人としての知識やマナー・心構えを身につけて頂きます。その後営業職と整備職に分かれ、それぞれの専門スキルを習得して頂きます。

営業職の入社後スケジュール

整備職の入社後スケジュール

整備職の入社後スケジュール

新入社員研修を受けて

社会人になった時、どんなことを感じましたか?

出発点だと感じました。何をするにも初めてで知らないことばかりで不安もありました。しかし、これから先成長するのは自分次第で自分の仕事が誰かを喜ばせたり何か成果を生むかもしれない、そのスタート地点に立ったワクワクした気持ちの方が大きかったです。

研修中に1番嬉しかったことは?

営業実習では、お客様の車の登録手続き業務の実習があります。車は、必要書類を揃え、運輸支局という所で車の法規を満たしているか検査をし、登録をすることでお客様のもとにお届けすることができます。その一連の手続きをひとりで任せて頂けたことがあり、問題なく登録できたときはお客様の大切な1台に関わることができてとても嬉しかったです。

研修中に1番苦労したことは?

力仕事ができないことです。しかし、できないことは誰にでもあります。大切なのは手伝って欲しい・教えて欲しいときちんと周りに発信するということだと学びました。北海道日野自動車には助けてくれる上司や先輩がたくさんいるので、安心して研修に取り組むことが出来ました。

研修を受けて変わったことは?

車の知識が増えたことです。工場実習では修理を間近で見て学び、整備士の先輩と一緒に点検作業をします。簡単な作業であれば任されることもあります。車の知識が少ないと座学だけではイメージできない、理解できないことも実際に自分の目で見て学べるので理解が深まります。入社当初は車の知識が少なく不安でしたが、工場研修を経て知識が増えたことでそういった不安も無く配属を迎えることができました。

1年後どのようになっていたいですか?

仕事の質とスピードを高め、さらに多くの仕事を任されるようになりたいです。一人で営業をするようになって一年ちょっと経ちますが、先輩方を見ていると日々自分の知識不足や経験不足を感じます。自分に足りないものは何か考え行動し、先輩方に少しでも追いつけるよう努力したいと思います。

 

 

社会人になった時、どんなことを感じましたか?

毎日初めて経験することや学ぶことが多く、何事にも挑戦していくことを感じました。学生から社会人になるという大きな転換期を迎えて、大人の社会に踏み込むことに不安もありましたが、北海道日野自動車の皆さんが優しく迎え入れて頂けた事で、社会人として頑張っていこうと思いました。

研修中に1番嬉しかったことは?

工場実習では、整備士の先輩に指導していただきながら、実際にトラックやバスの整備を行ないます。私は車の知識があまりありませんでしたが、車両を間近でみて学ぶことで知識が増えていきました。トラックやバスに関する社内での先輩方との会話や、営業研修でのお客様との会話の内容が理解できたときはとても嬉しかったです。

研修中に1番苦労したことは?

工場実習で先輩に指示された作業を一人で任された際、いざ自分のみで行なおうとするとなかなか上手くできないことが多く、先輩に手伝ってもらうことが何度かありました。先輩にご迷惑をお掛けした際にも私が理解できるまで何度もやさしく説明して頂きました。

研修を受けて変わったことは?

トラック・バスに関する知識が増えたことです。北海道日野自動車に入社する前はトラック・バスの知識がほとんど無く、「こんな自分に営業活動が行なえるのか?」という漠然とした不安がありました。しかし、新人研修を通して先輩の皆さんに様々なことを丁寧に教わり車両に関して理解が深まると、営業活動に挑戦してみたいと思うようになりました。

1年後どのようになっていたいですか?

お客様の立場や目線を考え、ご要望に対してしっかり応えられる営業マンになりたいです。今以上に知識や経験を積み、お客様によりよいサービスが提案できるように日々努力していきたいと思います。